西染工
WEBSHOPお問い合せフォームフェイスブックインスタグラム英語サイト

加工技術

PROCESSING

新分野加工

広幅テンター加工

最小幅60cm〜最大幅400cm(国内最大級)までの加工が出来ます。

減圧染色機

イグサ等の染色困難な繊維の染色を可能とする染色機です。染料と共に減圧可能な密閉釜に入れ減圧しながら繊維等の芯の部分に空気に変わって染料を染込ませます。現在主流の表面の溝を埋め透明な樹脂を塗るのと比べて日光や摩擦による色落ちに強く表面を損傷しないため素材の風合いや感触を損ないません。

白金ナノ粒子加工

白金(プラチナ)ナノ粒子を繊維に付着させることにより優れた抗菌・消臭効果が得られます。口に含んでも安全で、イヤな臭いもせずA型インフルエンザウイルスを不活性化させる(北里環境科学センターにて試験)働きがあります。当社では、繊維評価技術協議機会で制菌加工という医療機関、介護施設及び行政機関等が認めて指定する認証を収得しています。

橙マーク(一般用途)

一般家庭等で幅広く使用される繊維製品が対象。試験菌は黄色ぶどう球菌(グラム陽性菌)と肺炎かん菌(グラム陰性菌)を必須菌とし、別に大腸菌と緑膿菌をオプション菌と定めています。大腸菌は食品業界等で重視される細菌です。緑膿菌は床ずれに伴う化膿の原因になることで知られています。

赤マーク(特定用途)

橙マーク(一般用途)の試験菌に加え、MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)を必須菌としています。特定用途は、医療機関、介護施設及び行政機関等が必要と認めて指定する業務用の製品となり、赤マーク(特定用途)の製品は、一般の店舗では販売しないことになっています。

インクジェットプリント加工

写真やイラスト等のデータをそのまま忠実にプリントできます。小ロットにも対応可能ですのでご結婚記念、家族、サークル等で作成するのに最適です。
染料、顔料ともに所有しておりますのでデザイン、用途に応じて対応致します。

染料テキスタイル
インクジェットプリンタ


メリット

生地の中にインクを浸透させるため発色が良く、鮮明な仕上がりになります。肌触りや吸水性など綿の特色も損なわれません。

デメリット

前・後処理加工が必要なため、伸縮性のある生地は目ずれ等を引き起こし、デザインの再現性が低くなる場合があります。
機能加工薬剤との相性が悪い場合があります。また、顔料プリントと比べて加工工程が多いためコストが上がります。

顔料テキスタイル
インクジェットプリンタ


メリット

にじみが少ないのでデザインを正確に再現できます。伸縮性がある生地、機能加工薬剤との併用プリントも可能です。前・後処理加工が不要なため作業工程が少なく、低コスト・短納期で仕上がります。

デメリット

濃色プリント部分の表面が多少硬くなる場合があります。染料プリントに比べ、色落ちがしやすく、使い始めは多少水をはじく場合があります。黒ベタ等、不得意な色があります。